ケアケアTOP > 介護保険 Q&A > 介護保険 各Q&A

介護保険の基礎知識

介護保険Q&A

お住まいの市区町村によって多少違いがありますので、詳しくは各市町村へお問い合わせください。

保険証を持っていますが、すぐに介護サービスを受けられますか?

介護保険は原則、住んでいる市町村の窓口に申請をして、要介護認定(介護の必要度)を受けてからでなければ利用できません。
ただし、急を要する場合(独り暮らしや老齢世帯で介護者がいない等)は、特例としてに申請前からサービスを受けることもできます。
その場合は窓口である市区町村役場か地域包括支援センターなどで相談してみましょう。
※要介護認定については「Q6」をご覧ください。

介護保険の保険証はいつ、もらえるのですか?

介護保険の保険証(被保険者証)は、1号被保険者の方は誕生月に交付されますが、2号被保険者の方は保険証はありません。
「Q4」の特定疾病にかかり、介護が必要になったら窓口に保険証の交付申請をします。
※1号・2号被保険者の説明は「Q3」をご覧ください

介護保険を使えるのは高齢者だけですか?

介護保険を使えるのは40歳以上の方です。
65歳以上(第1号被保険者)なら理由を問わず介護が必要になれば使うことができますが、40歳以上65歳未満の方(第2号被保険者)は原因が特定の病気で介護が必要にならなければ使えません。
特定の病気とは厚生労働省が定めたいくつかの病気で、老化が原因によるとされるものや末期がんなどです。
※詳しい病名は「Q4」をご覧ください

40歳以上65歳未満で介護保険が使える特定疾病とは

  1. 癌(回復の見込みがないもの)
  2. 関節リウマチ
  3. 筋委縮性側索硬化症(きんいしゅくせいそくさくこうかしょう)
  4. 後縦靭帯骨化症(こうじゅうじんたいこっかしょう)
  5. 骨折を伴う、骨粗しょう症
  6. 初老期の認知症
  7. パーキンソン病など
  8. 脊髄小脳変性症(せきずいしょうのうへんせいしょう)
  9. 脊柱管狭窄症(せきちゅうかんきょうさくしょう)
  10. 早老症(そうろうしょう)
  11. 多系統委縮症(たけいとういしゅくしょう)
  12. 糖尿病性の神経障害他
  13. 脳出血、脳梗塞(のうこうそく)など
  14. 閉そく性動脈硬化症(へいそくせいどうみゃくこうかしょう)
  15. 肺気腫(はいきしゅ)慢性気管支炎、気管支ぜんそくなど
  16. 変形性関節症(へんけいせいかんせつしょう)で著しい変形をともなうもの

分かりにくい場合はかかりつけのお医者さんに問い合わせると良いでしょう

要介護認定ってなんですか?

介護の必要度(病気や状態の重症度ではありません)を表します。要支援1・2要介護1〜5に分類され、大きな目安としては以下のとおりです。

【要支援1・2】
おおむね自立(介護を必要としない)しているが、時々支援が必要で現状の維持・改善の可能性が高い方
【要介護1〜5】
一部もしくは全面的に介護が必要な方

質問一覧へ戻る

介護保険のサービスを受けるにはどこに行けばよいのですか?

窓口は市区町村ですが、地域包括支援センターや居宅介護支援事業所・介護保険施設の職員が代行して申請を行うことができますので、そちらに行って依頼しても良いでしょう。
申請代行を依頼しても特に手数料などは不要です。
※地域包括支援センターに関しては「Q7」をご覧ください
※居宅介護支援事業所に関しては「Q12」をご覧ください

地域包括支援センターって何ですか?

平成18年4月から始まった地域住民の保健・医療・福祉の増進を、様々な角度から支援する機関です。
各市町村に設置されており、地域の高齢者の総合的な相談窓口として、必要なサービスにつなぎます。
「指定介護予防支援事業者」として要支援の方のケアプランを作成するなどの機能もあります。
高齢者の虐待防止のための機関でもあり、相談や通報の窓口でもあります。
※ケアプランに関しては「Q11」をご覧ください

介護保険の申請に必要なものは?

1号被保険者は「保険証(介護保険被保険者証)」と「介護保険申請書」「認印」です。
2号被保険者は「保険証」がありませんので「交付申請書」を代わりに提出します。
どちらもかかりつけの医師(主治医)の氏名・医療機関名・住所などのわかるものを用意しておきましょう。
※1号・2号被保険者に関しては「Q1」をご覧ください

介護の申請をしたらいつ頃、要介護度がわかりますか?

原則申請日から30日以内で判定(要介護度の決定)結果がでます。
結果通知書と要介護度が記載された被保険者証が利用者に届きます。
特別な理由で遅れるときは、理由と見込み期間が通知され結ます。
※要介護度に関しては「Q6」をご覧ください

要介護度は、どのようにして決めるのですか?

決定するのは市町村と特別区(東京23区)の仕事です。
介護保険の申請をすると、担当の窓口から「訪問調査」の連絡がきます。
担当職員が自宅を訪問し、本人と家族に質問して「訪問調査票」の項目に関してチェックをします。
「訪問調査票」の内容をコンピューターが判断した結果が「一次判定」となります。
市区町村が本人の主治医に請求する「主治医の意見書」と「一次判定の結果」と訪問調査員がチェック事項以外で特に伝えたい「特記事項」などをもとに「介護認定審査会」で二次判定が出されます。
「認定審査会」とは市区町村が設置する保健・医療・福祉の学識経験者5名ほどで構成されている機関です。

質問一覧へ戻る

判定が出たらすぐにサービスを受けられますか?

判定(結果)が出たらすぐにサービスを受けられるわけではありません。
利用者にとってより良い介護を受けられるよう介護サービスの計画(ケアプラン)を立ててから利用します。
居宅介護支援事業所のケアマネージャーや地域包括支援センターのケアマネージャーが家族や利用者本人と相談しながら、ケアプランを立てます。
利用するサービスを提供する事業者を選び、いつどのようなサービスを受けるのか具体的に話し合って決定されます。
その後サービスを受けることが可能になり、連絡や調整もすべて担当したケアマネージャーが行うことになります。
このケアプラン作成に関しては利用者の負担はありません。
※ケアマネージャーに関しては「Q12」をご覧ください

ケアマネジャーってどんな仕事をする人?

ケアマネージャーとは、在宅で介護を受ける利用者さんに代わって介護サービスの利用計画(ケアプラン)を立てたり、サービスを提供する事業者との連絡調整をする人です。ケアプランを立てるケアマネージャーが居る事業所を居宅介護支援事業所といいます。

ケアマネジャーさんを選ぶことはできますか?

ケアマネージャーさんは利用者さんや家族さんにとって、サービスの計画や連絡や調整をしてくださる人ですから、選ぶことはもちろん、途中で変更してもらうこともできます。思いが伝わらない、親身ではない、不本意なサービスを勧められるなどがあれば事業所を変更しても、サービスは次のケアマネさんに引き継いでもらえます。まず十分に話し合って、それでも合わないときは別の方をお願いします。

介護保険のサービスには何がありますか?

以下のサービスがあります。

【訪問介護】
ホームヘルパー等が訪問して生活の援助や日常の介護を行う
【訪問入浴】
浴槽を積んだ入浴車で訪問して、寝たきりの方などを入浴介護する
【訪問看護】
看護師が病状安定期の利用者を訪問して、医師の指示のもとに介護や医療処置を行う
【訪問リハビリ】
理学療法士、作業療法士、言語聴覚士等が訪問して、リハビリを行う
【デイサービス・デイケア】
利用者が日帰りで施設などに通い、日常生活の介護を受けたりレクリエーションをしたり機能訓練を受けたりする
【ショートステイ】
普段は自宅で生活する利用者が、施設や医療機関に短期間入所(宿泊)して介護を受ける
【福祉用具貸与・購入】
介護ベッドや車いす等福祉用具をレンタルしたり、購入したりするサービス
【特定施設入居者生活介護】
介護付き有料老人ホームや介護付きケアハウス等に入所して、介護や看護のサービスを受ける
【居宅介護支援】
利用者が適切な介護を受けるためのケアプランをケアマネージャーが作成したり事業者との連絡・調整を行う
【施設サービス】
特別養護老人ホームや老人保健施設、療養型病院等に入所

それぞれのサービスを提供する法人を事業者と呼びます。

介護保険のサービスを受けるとどのくらいの費用が必要ですか?

介護保険は医療保険と違って無制限にサービスを受けることはできません。
要介護度によって支給限度額(介護保険で支払われる額)が決まっていますので

  • 要支援1 4,970単位
  • 要支援2 10,400単位
  • 要介護1 16,580単位
  • 要介護2 19,480単位
  • 要介護3 26,750単位
  • 要介護4 30,600単位
  • 要介護5 35,830単位

となっており、1単位は10円です。 ただし、保険の負担分以外にデイサービスの食事やショートステイの個室料金などの経費は実費となります。

質問一覧へ戻る

自己負担がどのくらいになるかあらかじめ分かりますか?

介護保険は自己負担が1割ですが、施設によって保険以外の利用料が異なります。その他に食事代や光熱費、おやつ代などが必要な場合もありますので予約の前に大まかな金額を聞いておきましょう。

Q17 介護保険の施設はどんなものがありますか?

介護保険の施設(介護保険施設)と呼ばれるもので主に入所を目的としたものに、以下の3つがあります。

  1. 特別養護老人ホーム
  2. 介護老人保健施設
  3. 介護療養病床

(1)は日常生活上の世話や機能訓練などのサービスを行う施設で、(2)と(3)では日常生活上の世話のほかに看護、医学的な管理のもとに行われる介護、機能訓練、その他必要な医療などが行われます。
これらの施設では短期間入所して介護や看護などを受けるショートステイを併設しているところもあります。
複合施設として、他にグループホームやデイサービス・デイケア、訪問看護、訪問介護、居宅介護支援などほとんどのサービスを兼ねているところもあります。
※各サービスの説明は「Q14」をご覧ください

施設を選ぶ基準は何?

自宅からの送迎時間や個室かどうか、サービス面では医療行為への対応や認知症対応かどうかなどがあります。利用者さんの状態に合うことも大切ですが職員さんとの相性もあるのでケアマネさんと相談してまず利用してみるとよいでしょう。

施設を利用者が選ぶことはできますか?

利用者さんが選ぶことは大切です。できればパンフレット等で詳しく説明を受け、予約を決める前に見学したり体験ショートをするのも良いでしょう。 ケアケアでは施設の写真だけでなく担当者からの説明もあり見学する感覚で見ることができます。

介護施設の入所申し込みは、いつでも誰でもできますか?

介護保険の入所施設である介護老人福祉施設、一般に特別養護老人ホームと呼ばれる施設の入所申し込みは「要介護1」以上でないとできません。 要支援の方や自立の方が将来のためにあらかじめ申し込みをしたいと思うかもしれませんが、残念ながら条件に合わないと申込自体受け付けられません。

質問一覧へ戻る

健康でも施設を利用することはできますか?

施設によっては地域の高齢者の方との交流のために一部を提供されているところもあります。老人会の会合や交流会等、相談されれば利用することも可能かもしれません。

ショートステイを嫌がる家族をどうやって説得したら良いでしょう?

冠婚葬祭など家族が留守になる時に利用できるショートステイ先があると安心です。高齢者にとっては自宅が一番ですが、なじみの施設を作っておくことも大切です。ケアマネさんに紹介された施設を一緒に見学に行ったり、初回の利用は家族が送っていくなど利用者さんが安心してでかけられる工夫をしましょう。

[share]

[会員リンク]

  • 施設ログイン
Loading

ページの上部へ戻る